Mimimal Logs

2013年

7月

18日

もっと

甘い誘惑が必要だ。男も女も。という訳でこちらを。後半にかけての圧倒的なアレンジとヴォーカル田島貴男の若い歌

続きを読む

2012から2013へ 南青山から代官山へ

この文章をしたためているのはクリスマスイブの夜でございます。


西高東低の冬型の気圧配置に覆われる日本列島の太平洋側は

晴れの日が続き雨はおろか夜更けすぎに雪へと変わることもほとんどなく、

が、故に山下達郎氏の「クリスマス・イブ」はかなりの強度で

普遍的なロマンティシズムを帯びることに成功したと考えることはできるが、

おそらくそこまで作った本人は想定しておらず(ハッぺルベルのカノンと同じコード進行と間奏部に差し込まれる一人アカペラのカノンでアイデアとしては十分じゃないでしょうか)

作品というのは得てして作り手の意図を超えるものを持ってしまうんだなぁと思う昨今

いかがお過ごしですか。富岡洋輔です。

 

先日の月見ル君想フのライブにお越しくださった皆様には厚く感謝申し上げます。

月見ルさんはハーフシッティング、ハーフスタンディングな感じのハコなのですが

座っていたお客さまが踊り出す様を見て、心の中でガッツポーズを決めていた所です。

それこそ「踊る太陽」の目指す所ですし、今回初めて手を合わせてみた

森田・神田両氏のリズム隊の力が大きいと思われます。この二人を呼んでみて大正解。

もうメチャクチャかっこよく、僕が女性だったら抱かれてもかまわないと思う程で、

演奏中は二人にメロメロでありました。

(「どちらに?」と聞かれれば「どちらでも」もしくは「どちらにも」と答えます)

この二人にはまた登場してもらう予定でありますので、お楽しみに。

というか、僕が楽しみです。


さて、来年のスケジュールも徐々に決まっておりまして

来年一発目のライブは代官山に進出であります。
1/19 Groovin @代官山LOOP
出演

Donny Donny Chopper

踊る太陽

東京フリーガヒル

Kiwis

BurGerK

Chihiroyamazaki+ROUTE14BAND
OPEN 17:00 / START 17:30ADV 2500YEN +1Drink / DOOR 3000YEN+1Drink

詳しくはこちら


代官山は恵比寿、渋谷、中目黒を裾野に置く文字通りの「山」でして

標高の高さに応じた高級感を帯び打ているのは御存じのことかと思います。

loopはそんな代官山の中でもさらに高級感の強い(代官山は住宅地の側面もあるので路地に入れば小学校があったり、カワイイ雑貨店もあったりします)旧山手通り沿いにあるライブハウス。(代官山の駅から歩いて行くとあの蔦屋を通り過ぎた所にあります。)

日本のリアルジャズ界はすっかり高級感とは縁遠くなっているので(というか、日本のジャズが高級感と結びついていたか否か。は研究に値するテーマだと思います)

その辺の界隈と付き合いのある身としては、いささかコソバユくもあるのですが、

「ジャズ」と「ダンス」を標榜してりゃ行きますよね、代官山。

という訳で、お楽しみに代官山。このライブではリズム隊が田村・田嶋になります。

「このハコ」で「このメンバー」で「この名儀」でやることは最後になると思います。

(3つも条件を出せば、いつだってそうなんですが)是非いらしてください。